読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然 然

アニメ批評など。

【2016春アニメ】感想まとめ

 終わってからもう随分と時間が経ってしまった作品もありますが,見たからには何かしら書いておかないと個人的になんとなく収まりが悪いので,ここらでいい加減に区切りをつけておきます。

 

迷家-マヨイガ-

 ミステリー的構成とストーリーの奇々怪々さゆえか,ナナキが出始めたあたりで過度な叩きが横行してしまったように思えます。たしかに展開の随所に難はあったものの,最終話までとおしてみると意外なほどにスッキリする結末になっていて,(手放しで褒められるものではないにせよ)そこまで酷評するものでもないのかなという印象は受けました。クラウドファンディングに取り組むなど,少なくとも「何か新しい端緒を開きたい」という意気込みはありました。

 

くまみこ

 

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない

Re:ゼロから始める異世界生活

クロムクロ

 複数クールなのでとりあえず保留。

 それなりに区切りがいいのでリゼロだけメモ。演出・構成・作画などどれも気合いが入っているのが伝わってきてアニメーションとして見る分には心地いいです。しかしながら,「死に戻り」のストーリーが個人的にはどうにも好めないというか,無駄に後味が悪くなりがちなのでちょっと苦手です。このへんは好みの問題だとは思います。

 

ばくおん!

 BSプレミアムで『けいおん!』が再放送されいているクールでの放送と相成った本作。タイトルに違わず諸々の設定に『けいおん!』のフォーマットがほとんどそのまま落とし込まれているわけですが,ギャグ寄りの作風であることも手伝って,「パロディー」の枠にうまく収まっていたように思います。キャラクターは「バイク好きのおっさんを外面だけ女子高生にした」感がありありとしてはいましたが,クセが強く没個性的でなかったのは良かったです。それにしても『けいおん!』という鋳型の偉大なこと……。

 

ジョーカー・ゲーム

  派手さこそないものの渋味のある作風が貫かれていて,春アニメのなかではいちばん安定して視聴することができる枠でした。やや駆け足に感じる回もいくつかありましたが,全体のシリーズ構成としてみれば非常によくできていたように思います。川井憲次さんの劇伴も効いていました。強いていえば,どこかしらでもう少し,あえてアニメ化することへの強みを打ち出していくことができれば面白かったのかな,とも。

 

甲鉄城のカバネリ

  古風さを醸し出しながらも恐ろしいほどに美麗で,妖艶で,そしてときにはド派手,そんな圧倒的なクオリティの映像でした。その一方で,脚本面にはやや粗があったかなという印象が否めません。監督を務めた荒木さんは,本作をつくるにあたって,3年前に同じく自身が監督を務めた『進撃の巨人』の影響を多分に受けたのでしょうし,大河内さんとタッグを組んで「つくりたかったものをつくれた」のだと思います。しかしながら『ギルティクラウン』に続き本作でも脚本面での不満が多いことを鑑みると,あるいは彼らが「つくりたいもの」と視聴者が望んでいるものとの間には懸隔があると言わざるを得ないのかもしれません。

 

ハイスクール・フリート

  前情報および前日譚としての漫画版では「はいふり」として日常系と思わせておき,第1話で堂々「ハイスクール・フリート」と公表する……というマーケティングが大滑りし,出鼻を挫かれてしまったのが大きな痛手でした。キャラクターの個性の持たせ方にやや荒っぽさを感じなくもなかったのですが,キャラクターデザインは良かったですし,キャラクターメインという意味ではそつのないストーリーだったのではないかと思います。あとは,「聖地」があるタイプの作品だったら息の長いコンテンツになっていたかもな,という気も。

 

ふらいんぐうぃっち

  のんびりとした生活に隠し味として加えられた「魔法」,これぞまさしく(原義としての)「日常系」と呼ぶに相応しい作品です。その一方で,「聖地」という意味ではさほど注目されていないあたりが,「聖地ビジネス」の難しさを体現しているようでもあります。安心して視聴することができたのは間違いないのですが,つい何かもうひとつ特長がほしかったと感じてしまうのは欲が深すぎるのかもしれません。

 

キズナイーバー

 EDに限らず,情景描写の細やかさでは群を抜いていたように思います。テーマ性があまりに直截的だったためか,若干ながら見る人を選んでしまったきらいがあるのが惜しいところでした。なんにせよ,TRIGGERの地力の高さを改めて感じさせられましたし,今後のオリジナルアニメーションにも大いに期待が持てます。

 

 

 春アニメはかなり切ってしまったかなという印象があったのですが,一応それなりの本数は維持できていました。その一方で,記事を書こうと思い立てるほどの作品もあまりなく。とにかく録画を貯めこんでしまいがちなクールだったので,夏アニメこそは能動的に視聴していきたいです。