読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然 然

アニメ批評など。

2016年冬アニメ 感想まとめ

 まだ終わっていない作品もありますが,春アニメが始まってしまってからではさすがに期を逃しすぎな感がありますので,ここらで一区切りつけるためにも簡単にまとめておきます。

 個別記事を書いたものについてはリンクを張り,それ以外のものについては簡易的に全話通しての感想をば。

 この素晴らしい世界に祝福を!

 

ハルチカハルタとチカは青春する~

 OPは今期随一。チカちゃんの瞳も綺麗。でもそれ以外は及第点にも満たず。推理パートはストーリー云々というよりは尺配分や見せ方の問題な気はする。吹奏楽パートは最終話含めいいところなし。『響け!ユーフォニアム』が視聴者の頭にまだ残っていたのが痛かった。原作はもっと面白いんだろうなとは思わせられた。

 

少女たちは荒野を目指す

  田中ロミオらしさが随所に見られたものの全話通して妙な間延び感があった。業界モノということでリアリティとしての日常性を重視していたのかもしれないが,思い切ってSHIROBAKO並のメリハリをつけたほうが良かったのかも。作画は比較的持っていたものの,のっぺりとした塗りがイマイチ。

 

僕だけがいない街

 

紅殻のパンドラ

 

ブブキ・ブランキ

 良くも悪くも意欲作。設定や構成はかなり練られている印象を受ける。敵陣営がどっと増えたあたりから急に大風呂敷が広げられるようになって,加速度的に進んでいくストーリーにそのまま置いていかれてしまった。続編の出来如何ではもう一度きちんと見直したい気持ちはある。

 

Dimension W

 やや古臭さを感じるものの良質なサイバーパンク漫画……かと思いきや,シーマイヤーが出てきたあたりから風向きが怪しくなり,「シュレーディンガーの猫」でそれは確実なものに,最終的にチープと言わざるを得ない結末になってしまった。ミラの可愛さとそれを大いに引き出していた演出,それから最後まで大崩れしなかった作画は評価したい。

 

灰と幻想のグリムガル

 どことなくぎこちなさのある会話だとか,P.A.WORKSとは別ベクトルで純粋に美しい背景だとか,細かなところまで行き届いた心理描写だとか,それらを総合して作品全体を貫く独特な空気感だとか,素晴らしい点は数多くある。あるのだけれど,どう考えても場面にそぐわない音楽だとか,期待してもいないのに無駄に多いポル描写だとか,そのほか何かと噛み合っていない演出が多々。OP映像も微妙。肝要なところでの統一感の無さが致命的だった。

 

蒼の彼方のフォーリズム

  青春スポーツモノとしてかなりの良作。エロゲ原作という先入観で早々に切ってしまった人は本当にもったいないと思う。倉科明日香という「天才」を主人公に据えながらも,鳶沢みさきという「凡才」をもきちんと描いたのが最近の作品としては珍しい。後半はベタな展開ではあったがカタルシスは十分にあった。強いて欠点を挙げるとするならば中盤以降の作画の崩れか。

 

無彩限のファントム・ワールド

 作画しか褒めどころがない。 

 

だがしかし

  今期一の安定枠。独特なキャラデザが魅力。竹達さんの演技の盤石感もさすがといったところ。しかしながら30分ともなるとやや退屈で,『ヤマノススメ』第2期みたく15分枠で2クールという形がベストだったのではないかとは思う。駄菓子市場への経済効果は大きそう。

 

 

 個人的には十二分に満足できる良クールでしたが,こうして見返してみて初めて,オリジナル作品がほぼ皆無であったことに気づかされます。(『少女たちは荒野を目指す』はPCゲームとのメディアミックス的な作品なので「オリジナル」と呼ぶには微妙,事実上『ブブキ・ブランキ』のみ。)それだけがアニメの魅力と言いたいわけではありませんが,やはりオリジナル作品がないとどうしてもクール全体としての盛り上がりに欠くというか,寂しいものがあります。

 その点,来期はかなり充実しているといえますし,何かしら賑わせてくれるような作品が出てくることを期待したいですね。