読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然 然

アニメ批評など。

『この素晴らしい世界に祝福を!』感想―この素晴らしい作画に喝采を!

 前情報の段階では「またこの手のアニメか」と正直まったく期待していなかった『このすば』。蓋を開けてみれば今期でも指折りの面白さでした。以下感想。

 

 表題は皮肉でも何でもありません。第1話時点ではひどく崩れていると感じた作画ですが,回を追うにつれ徐々にその作為性に気づかされることとなりました。

 原作がどうなのかはわかりませんが,少なくともアニメはテイストとして「美少女ハーレム」よりも「ギャグ」に比重を置いた演出・構成でした。一口に「ギャグ」といってもその趣向はさまざまで,〈物語〉シリーズの会話劇なんかも広義のギャグに含まれるといえます。『このすば』はキャラクターがほぼ固定されていて,大目標といえるものもなく,たいていの問題が1話以内で完結するという点から,シチュエーション・コメディと解するのが妥当でしょう。アニメでいえば『ドラえもん』あたりが同ジャンルの代表的な例ですね。

 このシチュエーション・コメディの核となるのは「日常性」です。何かしらの事件が起きても「日常性」という杭があるためにシリアスに引っ張られず,コメディないしギャグとして成立するわけです。『このすば』においてその基盤としての「日常性」を引き出し,形作っているものこそがあの特有の作画です。「異世界」で「美少女」という映像的に正極に位置するものを,あえて「芋っぽい」作画で「日常」に落とし込む,というのはまさに発想の勝利です。

 「そんなの総合的な演出の問題でしょ」という声が聞こえてきそうですが,私は演出と作画は有機的に連携しているものだと思っています。小奇麗な絵にしてしまえばギャグに特化した「攻め」の演出もしづらくなり,結果として「ラノベ特有の寒いノリ」に成り下がってしまっていた可能性は十二分に考えられます。

 もちろん本当に崩してしまってはそれはもう演出云々の話ではないわけですから,この絶妙なラインを守り切る必要があります。6話前後で他アニメが息切れし始める中,実は『このすば』の作画は第1話とまったく変わっていません。そのまま最終話まで走り切ったのですから,カロリーが違うとはいえ今期では『無彩限のファントム・ワールド』と双璧をなす作画と言って差し支えないでしょう。

f:id:tsurezureanime:20160316211657j:plain

 OPの柴犬ライクな笑い方や,

f:id:tsurezureanime:20160316212014j:plain

EDのめちゃくちゃアホっぽい顔も,この作画でしかなし得ない表情です。

 

 もう1点,この作品の妙といえるもの,それはアイキャッチです。通常,アイキャッチとはCMの前後に映されるものですが,『このすば』においてはそれが要所要所で挿入されていました。今期でいえば『だがしかし』でも同様の演出がなされています。

 その前後で時間的・空間的状況が変化するわけでなくとも,アイキャッチであえて「間をおく」ことでメリハリがつき,まるで四コマ漫画を読んでいるかのような軽快さ・テンポの良さが生まれます。

 これまではあまり見られなかった演出ですが,今後はますます増えていくのではないでしょうか?

 

 角川アニメ特有の1クール10話構成で一足早く終わってしまいましたが,無事に第2期制作が発表され一安心です。事実上の分割2クールかとも思いましたが,スタッフさん各位の発言を見るにそういうわけでもなさそうですね。何はともあれ,第2期の際には是非,先入観を捨ててこの作画を味わってみてはいかがでしょうか。

この素晴らしい世界に祝福を!     あぁ、駄女神さま (角川スニーカー文庫)

この素晴らしい世界に祝福を! あぁ、駄女神さま (角川スニーカー文庫)