読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然 然

アニメ批評など。

『傷物語〈Ⅰ 鉄血篇〉』感想

 『傷物語』の制作が公式に発表されてから5年半。その第一篇がいよいよ本日から公開されました。本来ならば三部作すべてを観終わってから感想を書くべきなのかもしれませんが,スパンも長いですし,備忘としてファーストインプレッションを軽く纏めておきたいと思います。

 

 やはり「〈物語〉シリーズ」は尾石さんあってこそです。改めてそう強く感じさせられます。どこまでも実際的で現実的な世界,そこに並存する「怪異」,それが実写を駆使した特有の描写で表現されています。非常にスローモーな展開なのですが,凄まじい映像の力によってまったく飽きはありません。1カット1カットこだわり抜いて制作されていることが素人目にも判然としていました。5年半待たされても納得できる完成度です。

 他の「〈物語〉シリーズ」と比較すると地の文をセリフや文字に起こしている部分が極端に少なく,客観性が高まっている印象を受けます。そこで不足している情報はすべて細かな演出で抽出されていて,目の動きひとつ,情景描写ひとつでその機微がすべて伝わってきます。ただ,私は原作既読だったので特に違和感なく観ることができましたが,初見だと圧倒的な視覚的情報の横溢に流されてしまう可能性はあるかもしれません。

 

 また,本作はとにかく「叫び」のシーンが多いのですが,そこでの神谷さんの演技も素晴らしいものでした。恐怖だとか切迫だとか緊張だとか,強い個性を放つ画に決して力負けしないリアリティに満ち満ちたものでした。阿良々木暦を演じられるのは彼以外にありえません。

 

 なんだか文字どおり散文になってしまいましたが,総じてこれ以上ないくらいに満足できる出来でした。でもやっぱり分割というのはどうしても尻切れ感が否めませんし,惜しく思えてしまいますね。

 次回作は既に前売り券が発売されていたり公開劇場が発表されていたりとそれなりに順調そうです……が,さすがに5年半も待たされると「また何かあってもおかしくないなあ」という気持ちになってしまうのも致し方ないところではあります。「夏」というだけで具体的な封切日は未定ですが,気長に待ち続けたいと思います―今年中に完結してくれることを祈りつつ。

 

傷物語 (講談社BOX)

傷物語 (講談社BOX)