読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然 然

アニメ批評など。

【ネタバレなし】劇場版『ハーモニー』感想

 今日,ようやく観に行くことができました。いつものように備忘録を兼ねて感想を書き残しておきたいと思います。内容に直接的にかかわるようなネタバレは避けました。

 

 初めに断っておきたいのは,月並みながら私はこの作品の原作がとても好きだということです。『虐殺器官』ではさほどカタルシスを得ませんでしたし,伊藤計劃を盲信しているわけではないという自負はあります。しかしながら,こと『ハーモニー』に関しては,個人的SF小説オールタイム・ベストを選定するならばその筆頭として挙がります。

 

 それゆえ期待が過剰に膨れ上がってしまっていたのかもしれません。私としては,今回のこの劇場版はあまりいい出来とはいえませんでした。

 

 「Project Itoh」の第一弾であった『屍者の帝国』は,原作から大幅な改変が施されていて,それ単体としても十二分に楽しめましたし,唸らされました。

 一方,第二弾である『ハーモニー』は,良くも悪くも原作に非常に忠実でした。もちろん,メディアの違いを考慮しての構成の変更はありましたが,改変と呼べるようなものは何一つありませんでした。

 忠実であることを否定するわけではありません。むしろ,個人的には,よほどのものでない限り細部に至るまで原作になぞらえられているもののほうが好みです。ただ,本作においては,あまりに小さくまとまりすぎていました。

 

 そもそもが映像化に向いていない作品であることは事実です。「Project Itoh」の他2作品のような派手な戦闘シーンもほとんどありません。しかし,それを補って余りある繊細な心情描写が『ハーモニー』にはあります。

 アニメーションにおける心情描写は非常に抽象的で感覚的なものです。それゆえに演出の腕の見せ所でもあるはずなのですが,残念ながら本作においてはその創意工夫を感じることができませんでした。

 ありがちなカメラワーク,ありがちなカット割り,ありがちな背景。既視感がありながら,同時に違和感を覚える場面が多々ありました。ストーリーはするすると進行していく一方で,それを,登場人物の言葉の重さを,裏打ちするような演出がどこにもありませんでした。

 

 映像面に関していえば,気になる点がもう1つあります。あまりに多用される3DCGです。明らかに重そうなシーンであるならまだしも,主人公の表情がアップにされるような場面で,一般に繊細な表情の表現が難しいとされる3DCGを使う意図が判りかねます。確かに,『楽園追放』で3DCGアニメーションの新たな可能性が垣間見られたとはいえ,手書きと比較するとまだまだ違和感は拭えません。『虐殺器官』の公開が延期され,前倒しになる形で上映が早められた本作ですが,本当に前倒しできるほど制作が間に合っていたのかと疑問に思わざるを得ませんでした。

 

 「Project Itoh」3作品のなかで最も期待していただけに,肩透かしを食らわされたような形になってしまいました。正直なところ,原作既読であればあえて観に行く必要もないかもしれません。逆に言えば,原作未読で劇場版だけ鑑賞された方には原作を読むことを強くお薦めしたいところです。

 是非とも次回作の『虐殺器官』ではこの雪辱を果たしてほしいと願ってはいるのですが,それよりも願うべくは無事に制作が終わり公開されることでしょうか。いつになるのか見当もつきませんが,気長に待ち続けるほかありませんね。

 

ハーモニー〔新版〕 (ハヤカワ文庫JA)

ハーモニー〔新版〕 (ハヤカワ文庫JA)