読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然 然

アニメ批評など。

2015年春アニメ 第1話感想まとめ

例によって新規作品のみ。スタッフ一覧はこちら

 

レーカン!

 意図的なものなのだろうが,実写中心の背景がいかんせん浮いて見える。

 キャラクターもいまいち立っておらず,ギャグのテンポもすこぶる悪い。

 

・ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

 「最強系主人公」ではない松岡くんというのはなかなか新鮮味があって好印象。

 ヘスティア以外のヒロインが薄めなのがやや気になるところ。

 ストレートなファンタジー世界観をアニメでうまく活かせるかどうか。

 

長門有希ちゃんの消失

 ハルヒももう9年前かあ。そりゃ歳とりますわ。

 

食戟のソーマ

 ジャンプらしいノリでわかりやすく面白い。

 でもエロは一枚絵だからこそ映えるのであって,アニメでは下品さとチープさしか残らない。

 

・終わりのセラフ

 進撃のスタッフに加えて音響監督に鶴岡さん,さらには色彩設計に沼畑さんという豪華布陣。

 澤野さんの音楽も含め全体の空気感はダントツで今期トップ。

 プロローグ的な第1話であったが,今後の展開に大いに期待できる。

 

ガンスリンガー ストラトス

 虚淵玄らしいSF感満載の設定。

 アクションシーンも悪くなく,掴みとしては上々。

 

・プラスティック・メモリーズ

 『未確認で進行形』っぽい画作り。

 ベタベタのお涙頂戴的な展開で,設定もまだ踏み込みが少なく何とも言えない。

 安直に日常モノ路線で進むとそのまま視聴者の記憶から消えてしまいそうではある。

 

・SHOW BY ROCK!!

 サンリオ原作の深夜アニメを見る日が来ようとは誰が予想し得ただろうか。

 そもそもこの作品はいったい誰が得をしているのか。

 

血界戦線

 設定がいまいち飲み込み切れないもののオサレ感がそれをうまく中和している。

 特有のテンポと雰囲気の良さを維持しつつ話を掘り進めていくことができるかどうか。

 

 ・響け!ユーフォニアム

 明らかにドロドロしそうな題材に花田先生をあてがうのが流行ってるんですか?

 「『けいおん!』と『氷菓』を足して2で割った感じ」になれば理想。

 

 ・トリアージX

 典型的なダークヒーローものではあるがアニメ映えする動きの良さがある。

 飛び抜けて面白いというよりも堅実に一定のポイントを得る作品。

 

 ・俺物語!!

 ドロドロしない系青春アニメ。

 良くも悪くも内容は平々凡々。

 

 放課後のプレアデス

 エンジン音はツッコミ抜きにしても視聴者置いてけぼりの展開はいただけない。

 これといって重厚な設定があるわけでもなさそうだけれど。

 

 パンチライン

 バカに振り切ってはいるものの死に覚えゲー的な設定は嫌いではない。

 それにしても小室哲哉の存在感が薄いし,なによりやっぱりノイタミナでこれはちょっと。

 

山田くんと7人の魔女

 古典的TSモノではあるもののかえって新鮮で面白い。

 ただこういった作品は第2話以降で急激にマンネリ化しそうでもある。

 

前期よりもバラエティに富んでおり,ごく一部を除けば粒ぞろいな印象。

個人的には『終わりのセラフ』,『血界戦線』,『響け!ユーフォニアム』あたりに期待したい。

原作の人気を考慮するとラノベ最後の砦とも言える『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』がどう転ぶかも見物である。