読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然 然

アニメ批評など。

【感想】楽園追放 -Expelled from Paradise-

機動戦士ガンダム00』の水島精二に『魔法少女まどか☆マギカ』の虚淵玄という豪華タッグで,公開前から期待度の高かったこの作品。

 

個人的な都合により劇場に観に行く暇がなさそうだったので,このキャストと公開後の評判の良さを信頼してBDを購入し自宅で観ることにした。

 

結論からいえば,その期待は裏切られることはなかった。

 

映像

 フルCGアニメのポテンシャルは『蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-』や『シドニアの騎士』で既に証明されているわけだが,さらに次の可能性を見せてくれたように思う。

 基本的にはメイキング映像で語られていた以上の内容は書けないのだけれど,「手描きアニメのような画作り」と「フルCGアニメの利点を活かした画作り」の双方の使い分け,あるいは融合が見事だった。

 終盤の戦闘シーンでのアンジェラ・バルザックの表情の豊かさは手描きと見紛うほどだったし,その戦闘シーンの臨場感はCGならではのものであった。

 『蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-』のキャラクターは割と無表情に近く,BDのジャケ絵を見て「これがCGと手描きの差かあ」なんて思ったものだったのだけれど,技術や製作期間があればこれほど遜色なくできるというのはかなり衝撃的だった。

 

 

ストーリー

 ハードSFというのは執筆にあたって非常な科学知識を必要とする。それは源流ともいえる過去の偉大なSF作家たちを鑑みても明らかなことであって,まあ科学雑誌に論文が掲載されるレベルではないにせよ,理系方面の豊富な知識が必要不可欠であることは確かである。

 そして,申し訳ないが虚淵玄に対してはそういったイメージはまったくなかった。だからこそ粗筋を読んだときに不安になったわけだけれど,残念ながらそれは見事に的中してしまった。

 はじめに断っておくが,私は他人から信者呼ばわりされる程度には虚淵玄が好きである。BDの購入に踏み切ったのも氏が脚本だったからにほかならない。

 しかしながら,どう贔屓目に見ても設定の粗が目立ってしまった。

 細かい点を挙げ始めればそれこそキリがないのだけれど,その中でも際立っていたのがアーハン(劇中で登場した戦闘用ロボット)の衛生通信アンテナの配置。

 通信ができなければ文字通りの鉄屑と化すのだから,これは厳重に守られていて当然……のはずが,まさかの背面に剥き出し,しかも銃で簡単に破壊できてしまうという驚異的な脆さ。もうアホかと。

 このような構造になった原因はひとつしか考えられない―すなわち,ストーリー中でディンゴによって破壊させるためである。

 展開がご都合主義なのはまだしも,緻密でなければならないはずの設定がストーリーありきなのはハードSFとしてどうなのだろうと思ってしまう。

 結末もディストピアを脱出した割にはその後の展望がないのが気になるところ。

 

 

まとめ

 「王道SF」を名乗るにはストーリー面で粗が目立ちすぎるが,「フルCGアニメ」としてはこれほど完成度の高い作品は今のところほかに存在しないように思う。

 制作側の予想を遥かに上回る大ヒットを記録したということを含めて,未だに手描きが全盛の日本アニメ界に一石を投じる作品となったことは間違いないだろう。